prasksn’s diary

虫統一でダブルレートに潜った記録

プリティな虫たちとプリティな大会へ

f:id:prasksn:20170626091517p:image

1.0m以下の大会とかパラセクト連れて行くしかないやろ!と思い、参加しました。

色々試行錯誤しながらフレ戦枠などで試して行き着いたのがこの6匹です。

1700は行けなかったのはめちゃめちゃ悔しかったですが、最高レート1689まで上げることができて満足もしています。

f:id:prasksn:20170626093039j:image

この後めちゃめちゃボコられたʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

 

〜PT紹介〜

パラセクト

種族値

 H60 A95 B80 C60 D80 S30

【ステータス】

 H143  A154  B110 C✖  D101 S72

努力値

 H60 A196 B76 D4 S172

【調整】

 H:16n-1で最低

 A:11n S:4振り50族抜き 

 BD:余り(Bに厚い)

【性格】 いじっぱり

【持ち物】† ブリーのみ†

【特性】 かんそうはだ

【技構成】

 タネばくだん しぜんのめぐみ

キノコのほうし まもる

 

安定の相棒。今回は後述するシズクモを通す時にトリトドンが邪魔になると考えて、かなりSと火力に振った型を使いました。仮想敵ではなかったミトムにも強かったのでこの型で良かったと思います。

今回持たせているブリーのみは、しぜんのめぐみで使用すると威力90のほのおタイプの技になるということ、相手の攻撃によって消費されないので事故で消費しないという二つの理由から選びました。これはカミツルギナットレイシュバルゴに対する打点として入れましたが、ドリュウズモロバレルにもいい感じに刺さってよかったです。しかし、しぜんのめぐみはきのみを消費するため一度しか打てないので使い所が難しかったです。

 

しぜんのめぐみの火力

135-151 カミツルギ

→144〜169 (106.7%〜125.5%)

181-151 ナットレイ

→144〜169 (79.6%〜93.6%)

175-125シュバルゴ

→172〜203(98.6%〜116.0%)

 

 (HBナットレイを殴った時に半分ちょいしか入らなくてよっわ!って言ってしまった)

 

テッカニン

 【種族値

 H61 A90 B45 C50 D50 S160

【ステータス】

 H167 A154 B66 C✖ D71 S183

努力値

 H244 A236 B4 D4 S20

【調整】

 H:奇数で最大 A:11n S:準速130族抜き BD:余り

【性格】いじっぱり

【持ち物】ジメンZ

【特性】かそく

【技構成】

あなをほる とんぼがえり

いのちがけ まもる

 

今大会のMVP٩( 'ω' )و

考察を進めている時に、「スカーフドリュウズとかスカーフシャンデラに上から殴られてるだけで負けるの面白くないなぁ」と思いついたのがこの型。他にも結構使ってる人がいて考えることはみんな同じだなぁと思いました(小並感)

基本的に相手のシャンデラドリュウズのスカーフを警戒してまもるからのSをあげてジメンZで倒します。Z打った後やることがほとんどないのでとんぼで逃げるか、いのちがけで退場します。ヒトムが基本的にいのちがけでしかたおせないので相手のPTにいたらZ打ってなくてもいのちかけてもらっていました。Sが準速130族抜きなのは控えめ早足サンダースを抜くためです(一回も会わなかったけど…)。加速のおかげでコータス+草枠にも強く出ることができました。ジメンZは副産物としてガラガラやコ―タス、ベトベトンにも強力な打点となり、後述のイルミーゼのてだすけとあわせると大体一発で持っていけます。

 

ジメン(あなをほる)Zの火力

 185-80 ドリュウズ

→233~275(126.3%~148.6%)

 167-110 シャンデラ

→170~201(102.3%~120.4%)

 212-95 ベトベトン

→197〜232(93.1%〜109.5%)

 167-130 Aガラガラ

→145〜170(86.9%〜102.2%)

  175-160 コ―タス

→118~139(67.7%~79.7%)

 

レートが上がるとテッカニンのジメンZめっちゃ読まれてすかされました()

 

シズクモ

種族値

 H38 A40 B52 C40 D72 S27

【ステータス】

 H236 A✖ B77 C99 D92 S28

努力値

 H236 B36 C236

【調整】

 H:16n-1で最大

 B:A特化Aガラガラ@ふといほね の シャドーボーンほぼ耐え(123〜144   “86.1%〜101.2%”)

 C:11n

 S:最遅

【持ち物】しんかのきせき

【特性】すいほう

【技構成】

なみのり ねっとう

どくどく まもる

 

今回炎が多いということで採用された炎を半減で受けれる素敵な虫ポケモン

水技で殴るのはもちろんですが、炎技を受けるためにしんかのきせきを採用しました。結果コ―タスやシャンデラの炎技を後投げから受けて、後述のイルミーゼのあまごいと合わせて殴り勝つことが出来ました。最遅にもしているので相手のトリルの切り返しとしても頑張ってくれました。どくどくは水が通らないトリトドンや高耐久のポリゴン2用です。

・・・無難に強かったから特にいうことないですね。進化前だろうがすいほうは最強だった

 

イルミーゼ

種族値

 H65 A53 B75 C73 D85 S85

【ステータス】

 H161 A✖ B139 C93 D117 S105

努力値

 H164 B252 D92

【調整】

 H:16n-1で最高

 B:特化

 D:余り

【性格】ずぶとい

【持ち物】マゴのみ

【特性】いたずらごころ

【技構成】

 てだすけ あまえる

 うそなき あまごい

 

いくらシズクモが炎受けれるといっても晴らされて押し切られるのが目に見えていたので先制であまごいできるので採用しました。あまえるで今回多かった物理を置物にし、うそなき+てだすけ で足りない味方の火力アップと、攻撃技がないのに殴り合いに一番参加してくれました。アンコールやおいかぜがほしい場面もありましたがこの技構成でよかったと思います。

 

ミノマダム(すなちのミノ)

 

種族値

  H60 A79 B105 C59 D85 S36

【ステータス】

 H149 A143 B125 C✖ D105 S76

努力値

 H108 A244 S156

【調整】

 H:10n-1で最大から2番目

 A:11nで最高

 S:4振り50族抜き抜き抜き抜き抜き

【性格】いじっぱり

【持ち物】いのちのたま

【特性】ぼうじん

【技構成】

 じしん ふいうち

 ロックブラスト まもる

 

 ベトベトンを倒せるのがテッカニンしか存在しなくて、今回の環境に地面技が刺さってると感じたので採用しました。とにかくベトベトンを抜きたいのとそのベトベトンを抜いてるAガラガラも上から殴りたかったので余った努力値をできるだけ振りました。てだすけ玉地震ベトベトンガラガラをワンパン出来るのはめちゃめちゃ気持ちよかったです。さらにてだすけ玉ふいうちで無振りシャンデラが落とせるのもよかったです。今回初めてダブルでミノマダム使ってみましたがなかなか信用できる数値をしていると思いました。

さすがやんやんさんの嫁ポケなだけある( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

アギルダー

 

種族値

 H80 A70 B40 C100 D60 S145

【ステータス】

 H140 A81 B45 C167 D65 S197

努力値

 A4 C252 S252

【調整】

 HBD:きあいのタスキ発動のために個体値

C:特化 

S:準速

【性格】ひかえめ

【持ち物】きあいのタスキ

【特性】かるわざ

【技構成】

ヘドロばくだん むしのていこう

みずしゅりけん まもる

 

 タスキ枠として高速アタッカーで、マリルリニンフィアへの打点として毒技が欲しかったので採用しました。むしのていこうは相手のCを確定で下げれますが基本的に全体技の削りとして使っていました。そしてみずしゅりけんはミミッキュのばけのかわとタスキを同時に削ったり、炎への打点として採用したのですが、とても機能していたので満足しています。先述のミノマダムの不意打ちと合わせてシャンデラを倒したりもできました。

 

【総括】

育成が間に合わず初日から参加できなかったときはどうなることかと思いましたが、ぎりぎりまで調整したおかげで、目標には届きませんでしたがかなり勝つことが出来ました。普段使えない虫ポケを気兼ねなく使える今回のルールはめちゃめちゃ楽しかったです。またこういう大会があったら全力でやりたいと思います。

 

最後に、夢ミノムッチの個体を提供していただいたやんやんさん、ブリーのみを提供していただいたしおさん、本当にありがとうございました!!

 

それではみなさん

良い虫ポケライフを( ╹◡╹)ノ